急行といえばゴハチ(EF58)2008年10月19日 21:08

次の1クラブの運転会は来月15日。自分が幹事を名乗り出て、「何か1個『急行』にまつわる車両持って来てね〜」と空気も顔色も読まずに勝手に課題を設定しました。

何故急行かと言えば、自分の作り掛けの車両の中に「急行」に関するものがいっぱいあり、次回運転会までにそれを完成させて在庫を減らす、という極めて幹事御都合主義の理由があるのですが・・・(先日部分的に完成させた秩父/伊豆箱根もそんな動機で工作していたのはここだけの秘密)

公私ともども忙しくなって工作をする気になれません(時間が無い訳ではないが・・・)orz。

以前から製作記録をブログに載せていたような気がするイロモノの急行列車をこの機会に片付けたかったのですが、編成ものはもう無理と思い、1両で完成できる車両を作ることに方針変更しました。(別に秩父サハを忘れている訳ではないです)

で在庫の山を漁ると・・・EF58(トミー)が出てきました(写真上)。以前、大窓の機関車をネットオークションで格安で購入したものですが、ブログのコンセプトに則り、上野口でよく見られたHゴム小窓に改造することにしました。

トミーの機関車は、特に以前の製品は一部甘いところがあるのですが、寸法が実車通りMカプラー装備のため無加工で連結切り離しが出来るので、私は好きです。

まず、前面窓を小さくします。窓下端に幅1mmに切ったプラ板をはめこみ、ついでに前面ナンバーはインレタ表現にするため、ナンバープレートも瞬間接着剤ともとのナンバーで埋めてしまいます(写真下左)。

急行といえばゴハチ(58)とはよく言ったもので、小さくなった前面窓は、サイズがピッタリなKATOのキハ58の窓を嵌め込むことにしました(写真下右)。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック