ドイツ風急行客車の工作11-数年ぶりの工作2014年01月20日 23:59

103系電車の工作にもすこし飽きてきて、何か違うものを作りたいと今日この頃。
震災前後に工作していたものの、厭になって数年間工作を止めていた、ドイツ風自由形急行客車の工作を再開することにしました。

復帰第1回(数えてみたら、欧州型っぽいスマートな車体に作り直そうとして工作をはじめてから、ちょうど満10回ですね)は、床下の整備から。床下と車体を嵌めてみて、ちゃんとした箱になるよう、床板を仕上げます。

という訳で、以前作った床板(GMキットの床板を切り継いだだけです)を、若干幅が細くなるように両側面を削ります。
床板は、パーツ箱をみてみたら4両分あり、今回はそのなかから歪みの少ない順に3両分を使うことしにします。大枠をりことを確認してから車体を削ることにします。ベースになった床板は、以前組んだキットのものだったり、まっさらな床板だったり・・・まるで木造客車の台枠を切り継いで作った、60系客車の製造過程さながらです。

そこそこ削り終わった段階で、車体に嵌めてみて嵌り具合をチェック。波板構造の床板は、旧西ドイツ客車の1等・ビストロ車(Arkimbz262型をイメージ)に、台枠構造の床板は、旧東ドイツ客車を整備した2等車(Bimz259型をイメージ)に用います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック