沖縄バス1064号車を貸し切ってみた2011年07月30日 03:02

沖縄バス1064@残波岬
33年前の今日まさにこの時間、沖縄本島で1,000台以上に及ぶバス車両の入れ替え、それ以上に交通方法の変更がバタバタで行われている事を考えると、思わず胸が熱くなる。

ここ数年、毎年のように恒例行事化している沖縄行。今年も先週末に行ってきました。今回の目的は「沖縄に行き1064号車を貸し切る」。
「ナナサンマル」車は、1978年7月30日の沖繩県内交通方法変更(アメリカ由来の右側通行から本土と同じ左側通行に変更された)用に県内バス車両の大部分が置換えられた際に導入されたもので、30年以上経った現在でも、予備車として2台(沖縄バス1064、東陽バス906)が残存しており、特に後者は毎週日曜日に時刻を公表して運行されています。
沖縄バス1064号車は過去の渡沖時に偶然乗りましたが、基本的には予備車であり普段は屋根付き車庫で大事に保管されています(2010年渡沖時には乗れませんでした)。
で、子供の頃に同年式車に多く乗っていた友人のたっての希望で、今回「1台貸切」となりました。

路線バスの貸切は普通に応じてくれますが、今回は参加者が少人数である事、沖縄バスの「宝物」である1064号車を指名しての貸切。ちょっと気後れします。
にも関わらず、沖縄バスさんは快く貸切に応じていただけました。気になるお値段は、5時間貸し切って一人あたり1.3万円。「確実に好きなように730車に乗れる」ことを考えれば、むしろ割安な値段です。


ルート設定・沖縄バスとの交渉は友人に任せ切りのまま、那覇入り。朝起きるとひんやりした空気が心地よい・・・・というのは無く、朝から生ぬるい空気が肌にまとわりつきます。これが南国ヌクモリティ(誰がうまい事言えとry)。
午前中は市内で本土から流れてきた中古バスをあれこれ観察。ここ数年バス目的で渡沖することが多いのですが、沖縄200ナンバーの中古車が順調に増えています。いよいよノンステップ車両も本格的に流通が始まった模様で、沖縄でも中古車を見かけました。 本土からの中古で入ったノンステップバス これとあわせ、730車の置換えがはじまった昭和末期に新車で導入された車両(沖22ナンバー)が、目に見えて減少しています。丁寧な板金・再塗装で良い外見を保っている残存車もいますが、やはり投入されてから20年以上が経過し、錆の心配も多い土地柄やむを得ないのかもしれません。
沖22ナンバーの古豪

で、いよいよ午後。待ち合わせの那覇バスターミナルに向かうと・・・・いました。屋根下保管・ワックス掛けで素晴らしいコンディションを保つ、三菱MP117です。車体は富山県の呉羽車体製、トミーの鉄道模型(バスコレクション以前より発売されていたタイプ)で、鉄道模型ファンにもお馴染みの丸っこい車体が美しいです。 早速乗車、ルートは那覇〜(牧大橋・カデナ・旧読谷飛行場)〜読谷〜(残波岬・石川)〜コザ〜(国体道路・国際通り)〜那覇の半日コースです。
車外動画はこちら

バスは、那覇を出ると路線バスが通らない海の方向に向かい、船を避けるために高いアーチを描く牧大橋を渡ります。ちょうどフェリーとすれちがいました。その後、沖縄県の大動脈である国道58号に復帰し、読谷へ。
読谷では、戦前に日本軍が築造し、近年まで米軍基地として使用されてた、読谷飛行場跡地の道路に寄りました。何も遮るものがない風景を背景に、ここでバスの動画撮影。その後、読谷営業所で小休止をとります。

読谷からは、まず残波岬(バスが通じていないため、行った事無い所でした)に寄り、沖縄本島を横断し(48番バスのルートですね)、石川経由でコザへ。コザでは、米軍嘉手納基地のゲートに通じる県道20号(ゲート通り)で、再び「沖縄を象徴するような」横文字の街を駆ける1064の動画を撮り、那覇へ戻ります。
最後は国際通りを練り歩き那覇バスターミナルにちょうと6時着。渋滞にもハマらず快適な行路でした。
車内動画はこちら(ちょっと長いです)

何より、本日運転を担当するドライバーのM氏も気さくな方で、楽しいツアーとなりました。
沖縄バスさん、本当にありがとうございました。

コメント

_ リュウ セイコー ― 2017年04月01日 09:17

わざわざ沖22か1064の730バスを貸し切りに乗って勇気がいったと思います。
私も730バスを実物で見たことがないのですが、サイトの動画で沖22か1064のエンジンのサウンド、走り具合など、約40年間現役で走っていること自体大変尊敬しています。
私も沖22か1064の730バスは動画を見ただけで大お気に入りで、本心的にもう一度バス運転手として就職して運転したいで
是非今後共沖縄バスの従業員達が末長く1064の730バスを大切に将来的にギネスに挑戦したらどうでしょうか?

_ クロ@泥酔鉄道 ― 2017年04月05日 07:16

リュウセイコーさんコメントありがとうございます。

沖縄バスの1064ですが、屋根付きの車庫で大事に保管されているみたいです。
ずっと末永く走ってくれるといいですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック