飛行場ジオラマベースの工作-02 ハンガーの組み立て2017年04月01日 21:47

飛行機ジオラマベースの工作ですが、端っこにハンガー(格納庫)を建ててみたくなります。
そこで、ドーム屋根のバス車庫(GMキット)を使って、ハンガーに改造してみました。
このキット、バス車庫にしてはドーム屋根の大きさが過大な感じもし、今回の作例のようにドーム屋根のハンガーに改造されることを意図した作りになっているのでは?と勘ぐりたくなります。
まず、建物前面をプラ板から作ります。ドーム断面の形にプラ板を切り出し。

その後、窓と格納庫の開口部を切り抜きます。

自作の前面にコルゲート板を貼りました。
トタンまたは波板で軽量化した妻壁上部の表現です。

格納庫の扉の表現。プラ板を切り抜いた扉部を、扉のレールに見立てたH鋼(エバーグリーンのH鋼型プラ棒)に接着します。

屋根は連結用裏張材表面にプラ板を曲げて貼ってちょっと延長。合わせて側面もプラ角棒を貼って、わずかに延長します。
その状態で側面・後妻板と屋根とを接着。

前妻板と扉部は別途塗装してから接着しますが、生地状態ではこんな感じに仕上がりました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック