JNMAで学んだ塗り屋根の再現012017年07月08日 23:18

JNMAでは、いろいろ素晴らしい作品を目にすることができました。特に勉強になったのが、ツイッターでフォローしているさるべん氏の作品。塗り屋根表現が特に素晴らしかったです。

JNMAの会場で、さるべん氏に質問する機会に恵まれましたので、塗り屋根の表現方法を尋ねてみました。
①タミヤのパテを薄く溶いて塗る
②毛先を短くした筆で叩く。
③ねずみ色1号
④タミヤの黒を塗っる
⑤黒を拭き取る

明けて週末。早速手持ちの材料で塗り屋根の表現を試してみました。

100均の絵筆を購入、先端を5ミリ強に切断して叩きブラシを作成します。

その後、溶きパテに代えてサーフェーサー1000を吹いて、乾く前にブラシで叩きます。いい感じで凹凸になります。
ブラシは安いのだと抜け毛になり台無しになってしまいます。

その後、屋根を手持ちのニュートラルグレーに塗って、乾いてからエナメル系のジャーマングレーを塗装。今回はエナメル系塗料をスプレーで吹いてみました。
未乾燥の状態と乾燥させてからと両方で拭き取ってみましたが、結果はどちらも失敗。表面の凹凸が少なくて、綿棒でもティッシュでも均一に拭けてしまいます。

やはりさるべん氏の工法通り溶きパテを使って、もっと粗く下地を作る必要がありそうです。

鉄道模型マニアの引越2017-09 新・塗装ブース2.12017年06月07日 20:44

前回塗装ブースを作ってから5年、引越しを機に塗装ブースを新調しました。
とは言っても、いつもの廃材再用です。

引越しで余ったダンボールの1つを失敬し、組み立てて排気用の丸穴を開けて完成。
これだけです。

しかもこの塗装ブースは、塗装関係のすべての機材をしまえます。
たったこれだけです。

ドイツ風急行客車の工作21-車両番号の印刷2017年05月13日 14:31


今日は客車の塗装をしましたが、この天気で乾かずマスキングが出来ないので、UIC番号と等級表記のデカールを印刷しました。
黒文字はインクジェット用クリアデカールとインクジェットプリンタを使いました。クリアデカール自体の印刷方法は前回と同じです。文字は、数字部分はMSゴシック12ポイントで書いて、20%縮小で印刷したところ、完成品とほぼ同じ文字サイズで何とか読める代物が出来ました。

車番はUIC規則に則り、自由形は61 80 19-90  007-4 Apmz299(正体不明の車両だから「007」(笑))に、2等普通車は51 80 22-90 255-6 Bm235(ネット上に実車写真のあったもの)にしました。
数字脇の記号も、分かる範囲で再現しました。

で、問題は等級表記の白文字。
白地に赤青黄黒のインクを重ねて表現するインクジェットプリンタではどうにもならず、ずっと悩んでいます。
今回の白文字は十年以上前に友人に頼んでアルプスMD-5000という昇華型プリンタ(これは白文字の印刷ができた)で印刷してもらったものです。


DBAG表記は中古で未使用品を購入できた虎の子のBusch製インレタを使用。
ようやくこれの出番が来ました。

明日塗装の残りとインレタ・仕上げが出来ればいいなと思います。

広告看板で差をつけろ2017年03月13日 23:27

20年近く前に組み立てたトミーの商業ビル。看板は新聞の折り込み広告を切り抜いて貼っておりますが、今のものでは差し障りがある(先日お世話になった会社が扱ってない商品)ことに気がついて、看板の「架け替え」を行いました。

土曜日に貰ってきた広告から、看板のサイズにちょうど合う自動車の写真を切り出して、両面テープで貼り付け。
メーカー名と車名のロゴも同じ広告チラシから切り出して貼り付けます。広告看板らしからぬ日本語の説明書きも同じ広告チラシからイメージカラー(アルファロメオは赤、ジープは緑)をストライプ状に切り抜いて貼り付け。

これだけの数十分の小学校図工級の工作ですが、これでなかなか実感的になりました。

春待ち飲み会とGMバルクで作るE501系床下2017年02月20日 23:36

日曜日は夕方から夜にかけて、模型仲間のseibu-mania氏夫妻と懇親会をしました。
場所は浦和レッズで有名な居酒屋力の池袋店です。
とても楽しい会で、3時間趣味の話とかずっとして、大変楽しいお酒の席になりました。

お酒の席が楽しすぎて、どうもCKCレディースの風を見ました。
今年はスキーに替えて、春になって暖かくなった後のハイキングにチャレンジしそうです。でもその前に山行く靴を2人分買うところからスタート。
とにかく今年冬から春はなかなか落ち着かなさそうですので、一息入れながら凌ぎ抜きたいところです。

さてさて、上京したついでに、GMストアで床下機器を色々見繕ってきました。
グリーンマックスのキットや完成品のバルクパーツの床下機器がGMストアに売っており、しかもランナー1個150円ですので、床下機器を再現したく、つい色々買ってしまいます。

今回は、E501系の床下をGMバルクバーツで再現します。
主変換器:R(名鉄2000系用)1両につき2個使用
変圧器?:A+W(近鉄22000系用)
リアクトル:M-201(201系用)
SIV:4031-B(阪神9030用)
10年前の再掲ですが、交流区間に入れる床下機器を再現できます。

一方のクハE500編。
空気タンク:4616-A(阪神2000用)
コンプレッサー:製品のものを移設or4106-A(近鉄9820用)
こちらもカメラカーになったクハE500に続き、床下の再現に務めます。