ピンクの思い出2015年04月17日 23:11

ピンクといっても、

( ・∀・)< エロいな
ではなく、機関車の話です。

実はEF81の牙城だった茨城住まいにも関わらず、自分が日常的にEF81の活躍を見るようになったのは高校に入った1990年代。(それまでは田舎住まいで、電気で走る水戸線沿線に出る事すら大事で、なかなか彼らの晴れ姿を拝むことも叶わなかったです)

高校時代は、昼飯食った後の気だるい午後、水戸線を走る安中貨物を半分居眠り扱きながら校舎の窓から眺めていたという、いま思えば勿体無い環境で彼らの活躍を見ていました。
その頃はまだ、川島のコンクリート工場へのセメント輸送と下館の石油会社への石油輸送とで、水戸線内貨物輸送も定期的に見られました。
川島でセメント車を切り離した後、1〜2両のタンク車のみを引き連れて来たEF81は、下館駅の架線の無いところ用の控車であるワムハチを連結してタンク車の入換をこなしました。

その頃の彼らは、既に赤一色(星が描いてあったり虹が描いてあったり)だったようで、ピンクの思い出は、沿線住まいでありながら、実はあまり無いのです。。。