春待ち飲み会とGMバルクで作るE501系床下2017年02月20日 23:36

日曜日は夕方から夜にかけて、模型仲間のseibu-mania氏夫妻と懇親会をしました。
場所は浦和レッズで有名な居酒屋力の池袋店です。
とても楽しい会で、3時間趣味の話とかずっとして、大変楽しいお酒の席になりました。

お酒の席が楽しすぎて、どうもCKCレディースの風を見ました。
今年はスキーに替えて、春になって暖かくなった後のハイキングにチャレンジしそうです。でもその前に山行く靴を2人分買うところからスタート。
とにかく今年冬から春はなかなか落ち着かなさそうですので、一息入れながら凌ぎ抜きたいところです。

さてさて、上京したついでに、GMストアで床下機器を色々見繕ってきました。
グリーンマックスのキットや完成品のバルクパーツの床下機器がGMストアに売っており、しかもランナー1個150円ですので、床下機器を再現したく、つい色々買ってしまいます。

今回は、E501系の床下をGMバルクバーツで再現します。
主変換器:R(名鉄2000系用)1両につき2個使用
変圧器?:A+W(近鉄22000系用)
リアクトル:M-201(201系用)
SIV:4031-B(阪神9030用)
10年前の再掲ですが、交流区間に入れる床下機器を再現できます。

一方のクハE500編。
空気タンク:4616-A(阪神2000用)
コンプレッサー:製品のものを移設or4106-A(近鉄9820用)
こちらもカメラカーになったクハE500に続き、床下の再現に務めます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック