上野口115系補完計画('18)02-モハユニット車体の加工2018年04月14日 23:59

週末になりました。115系電車の工作再開です。

モハユニットはKATOの旧製品を使用しますが、車体側面端の大型ルーバーが印刷表現ですので、この部分は立体的になるようにエッチングパーツを接着します。取付箇所には、接着用の孔を開けます。
また、モハ115の側面にはMG用のルーバーがモールドされていますが、これは不要なため削ります。(モハ114はそのまま存置)

合わせて、クハ115-1500からクモハ115に加工する屋根について、一体成形のベンチレータを削り、前半分の3個分は削った後の孔も埋めます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ひらがなで以下の8文字を入力してください
でいすいてつどう

コメント:

トラックバック