制作品紹介2018年12月08日 14:00

弊ブログ内で工作した制作品の一覧(2010年以降)です。リンクを押すと、各制作品ごとのまとめページに移動します。
※2011年以降は、制作品毎の制作各記事へのリンクもあります
【2018年】

【2017年】

【2016年】

【2015年】

【2014年】

【2013年】

【2012年】

【2011年】

【2010年】

上野口115系補完計画('18)25-デキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!2018年12月08日 14:14

苦節1年。
去年の秋、115系の工作を構想していた頃は、こんなに苦戦するとは思っていませんでした。
この1年で、ただでさえ少ない腕がさらに錆つき、それ以上に精神的な情熱が減ってしまっていることを身を以て知らされる工作でした。

さて、115系Y1042編成の電車は最後のステッカー貼り中。
側面方向幕とクハ115-1512の前面種別幕は、鳳車両のステッカーから切り出して表現しました。
しかしこのステッカーの貼りづらいこと。鳳車両並みの表現力と、GM旧製品(裏が銀紙)のステッカー並みの粘着力・柔軟性があるステッカーが欲しい・・・
ちなみに、115系1000番台に貼るには、製品の方向幕寸法が小さいことから、ギリギリのサイズよりも1段小さく切り出さないと、方向幕に入りません。

最後に、クハ115-1512の前面に幌を、モハ114のパンタグラフに碍子の白とシューの銅色を筆塗りして。
やっとのことで4両完成です。
奥から
クハ115-340
モハ114-1042
モハ115-1011
クハ115-1512
です。

前面はこんな感じ。
クハ115のライト周りや前面窓周りが、最後の最後で詰めが甘くなってしまいましたが、これ以上悪足掻きしても現状よりも悪化させそうですので、これで諦めました。
ともかく、両者を並べてみると印象は大分似通ってきました。印象把握で議論のあるKATOの初期製品が現在の水準に追いついて(?)きました。
技法は確立できましたので、続編も欲しくなってきます。

【上野口115系小山電車区Y1042編成 工作まとめ】