京葉線103系ケヨ104+204編成のリニューアル09-屋上の配管(その2)2019年08月04日 16:40

懸案のインバータへの電力供給管(?)。
クモハは無事に配管ができたものの、問題は残り3両。配管は屋上で?字状に曲がって妻面を経由せず車内に向かっているようです。
これを手持ちの洋白線で試作しますが、どう頑張っても90度にしか曲げられません。
なかなか雑誌のようには上手くいかないものですなぁ・・・

しばし思案した結果、クモハ以外の3両についても、インバータへの給電管(?)をつける決心がつきました。
まず、ボナファイデP-116(103系用配管)の説明書を参考に、屋根端0.5ミリ、中心から2.5〜3ミリの位置に配管が入る孔を明けます。
ミリを切る単位の工作ですので、神経を使います。

懸案だった屋上配管は、?字状の曲げは諦めて、割り切って90度に曲げた洋白線を植え込むだけにしました。これなら簡単です。
配管は屋上インバータの中まで引き延ばし、インバータに隠れるところでで瞬間接着剤を使って止めます。
思いのほか単純な工作になりましたが、3両分並ぶと結構これだけでも見映えがしてきます。

次回はいよいよ細いインバータの作用管の取付です。
うまく行くかなぁ・・・

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ひらがなで以下の8文字を入力してください
でいすいてつどう

コメント:

トラックバック