関鉄のゼロ02-車体と屋根の粗工作2016年09月21日 07:45

さて、種車も揃ったことで、関東鉄道キハ0の工作開始です。
もと下館住まいとして、かねてから欲しいと思っていた車両でしたが、改造するにもちょうど良いベース車両が無く、今までずっと手がつかずにいました。
(改造のベースとして、東急7000の側面なんかを買い集めていました)
まず前面の工作。
ベースのキハ310は前面の方向幕部分が凸型になっているのに対し(以前はここにライトがありました)、最初から方向幕のあるキハ0はこの部分は平面です。
方向幕部分の表現に迷った結果、営団3000系パーツのオデコ周りを移植することにしました。関東鉄道に比べオデコが広いですが、削って寸法を調整でき、ベースのキハ310同様方向幕のガラス部が僅かに凹になっているのを再現できます。

目分量で方向巻周りを切り出し、モールドに付かないようたっぷりパテ盛りして、余分なパテを電動ヤスリで削って整形します。
思ったより簡単に出来ました。

合わせて、キハ310にはあった縦樋もキハ0には無いので、乗務員扉に気をつけながら一緒に削ります。

屋根は、非冷房車ですので、屋根真ん中のクーラーを撤去し、取り付け穴も埋めます。
クーラー撤去部には丸いグローブベンチレーターを2個増設しますが、もとから付いていたのも増設と同じものに交換するため、不要になる台座モールドを削ります。
太い金工ヤスリで大まかに削ってから、400番の電動ヤスリで細かく削って形を出します。
このあと、車体と屋根とをより細かいヤスリで削り、表面を仕上げます。




コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ひらがなで以下の8文字を入力してください
でいすいてつどう

コメント:

トラックバック