板キットから東武81105Fを作る17-車体の塗装その7(ライトブルー帯)2020年09月05日 06:05

ブルーの帯もなんとか塗装でき、いよいよ2色目のライトブルーの帯の塗装です。
悩んでいたライトブルーの帯位置。 
ヘッドライト上端の位置から逆算して、車体裾から5.5mm弱弱の位置にマスキングすることにしました。
5.5mm弱の幅に切ったマスキングテープ⑥を車体裾に貼りますが、その際ごく僅かに車体裾からはみ出る位置に貼り付けます。(青とライトブルーの間の白帯がごく細い幅で残るのを意識して)。
その後、その後、⑥をガイドに0.7mm幅のマスキングテープ⑦を⑥に密接するよう貼ります。さらに車体上半分をマスキングマスキングテープ⑧をマスキングテープ⑥に密着するよう貼り付け。
その後マスキングテープ⑦を剥がした後、マスキングテープ⑥⑧の密着処理をします。
1週間かかって、ライトブルー帯のマスキングが終わりました。ハミ出し・吹き込み・曲がりが発生していないか心配です。

ライトブルー帯の塗装。塗るのは本当に5〜10分で終わってしまいます。
塗料が乾くのを待ちきれずに、めくりの儀。
3度目の正直、いい感じじゃないですか・・・
気を良くして、一気にマスキングをめくってしまいます。
まだ手直しが必要そうな所が複数あるとはいえ、ようやく及第点が取れそうな塗装に塗り上がりました。
このまま1日近く乾燥させます。

新しいクルマのハナシ2020年09月06日 10:55

「さよならインプレッサ」と称して各所にドライブに行っている記事を書いています通り、数ヶ月前に自家用車を買い換える契約をし、このほど納車日も決まりました。
買い換えの車両は、今までの人員や荷物運搬の実績や今後の見通しその他も考えてダウンサイズすることにし、長距離を乗っても疲れなさそうなコンパクトカークラスから色々検討した結果、トヨタのヤリスに決めました。
このサイズの車両は各メーカーが色々出していること、新車に拘らず中古車からも選べることの中からトヨタのヤリスを選んだのは、これからは家族みんなで運転することから、様々な安全装備が充実していること、とりわけ実用的な自動駐車機能「アドバンスト・パーク」がついているためです。アドバンスト・パークの自動駐車機能がこのクラスの車両に付いているのには感心しました。

納車の予定は、当初の予定から1ヶ月近く遅くなった9月下旬となりその点は不満が残りますが、いずれにしろ新車が来るのが楽しみです。今まで乗ってきたインプレッサ同様、長い付き合いになることを願っています。

板キットから東武81105Fを作る18-車体塗装完了と床板の話2020年09月09日 02:00

平日夜の変則的な時間ですが、記事が纏まったのでコソーリブログ記事をアップします。

塗装の細かいところの手直しを行います。車体を再度マスキングしてエアブラシによるタッチアップ塗装を行います。
ライトブルー→ブルー→ホワイトの順に、車体のマスキングとエアブラシ塗装を繰り返していきます。
エアブラシの塗料は出力を最小限に絞り、ごく少量ずつが吹きつくように注意しました。

外装が塗り上がったところでしっかり乾燥させます。
これで車体外板の塗装は終了。ここまで長かった・・・・

ここで気分転換、床板の工作です。
床板はキット付属のものは使いません。愛用しているのがこのパーツ。
台車等は昔からのピン留めタイプでありながら、床板と室内が別成形になっており、旧来の板キットでも簡単に室内が再現できるもの。確か2000年前後の車体一体成形の塗装済みキット時代の汎用的なパーツだったものです。
TNカプラーもポン付できる便利なパーツですが、今回の工作で手持ちの在庫が尽きてしまい最近はGMストアに行ってもランナー単位での分売が無く、割と困っています。
今回、我が家の在庫が3両分出てきたので、東武8000のキットで使い切ります。

板キットから東武81105Fを作る19-動力と床板の組み込み2020年09月11日 02:28

ささやかですが、遅い夏休みが始まりました。
初日はまったりと工作です。

動力ユニットが嵌まるよう、モハ8200の車内の工作です。
今回はグリーンマックスのコアレスモーター動力を使用しますが、クロスポイントブランドのアダプターは使用しません。
車内の床板固定用リブを全て削ると、コアレスモーター動力がスッポリ納まります。
本当は窓下のリブは残してこれで動力ユニットの高さを決めるようにしたかったのですが、これだと車体が裾高になってしまいます。
窓下のリブも削って、動力ユニットの高さ方向の位置決めは、動力ユニット固定時に両面テープで行うことにします。

引き続き、クハとモハ8300の床下の工作。こちらも車内の床板固定用リブの一部(段差になっているうち低い方)を削ると、室内つき床下がスッポリ納まります。
高さ方向も丁度良さそうな位置に決まりました。

板キットから東武81105Fを作る20-室内その他の塗装2020年09月12日 00:00

休み1日目は家事の合間を塗って、東武8000系の塗装の続きをしていました。
手順としては、まずは妻面の凸部(貫通幌を模したものでしょうか?)を残してマスキングし、モハ8200の貫通扉に銀色を塗り、引き続き妻面凸部にグレーを塗ります。
その後、凸部もマスキングして室内にクリーム色を塗装します。

早速、車両を順次マスキングします。
1編成1箇所の貫通扉には銀、幌にはグレー(Mr.カラー#25ダークシーグレー)、室内はクリーム1号(GMカラー#5クリーム色1号)を吹きます。
ちょっと室内色が濃い気もします(西武・京王アイボリーの方が良かった?)が、いい感じ。 
あとはプラ板を切って作った運客仕切板と運転室部分にはコックピット色(エナメル系タミヤカラーXF-71)を筆塗りしました。

エアブラシを出したついでに床下機器も塗装しました。
色で選んだのは、幌と同じMr.カラー#25ダークシーグレー。ダークといっても割と明るめのグレーで、ちょっと灰緑色っぽいニュアンスもあり、手持ちのグレーの中では東武電車に一番しっくりくる色です。
10年以上ぶりに使う塗料でしたが、中身は分離していたものの固化はしておらずそのまま車体に塗装できました。

引き続き、室内パーツの塗装です。
まずは床板と一緒に、ウェイト覆いを艶消しブラックで塗装します。
ウェイト覆いをマスキングをして、床板に西武トニーベージュ(GMカラー#19)を吹きます。
その後、座席を筆塗りで塗装。使った色は自家調色の青竹色です(山手線の黄緑色に白色を混ぜたもの)。ちょっと座席の白味が強いかな・・・。
明日から旅行のため、しばらく東武8000系の工作はお預けです。。。

さよならインプレッサ・ファイナル(長野・山梨編)1-八ッ場ダム・草津と渋峠2020年09月13日 15:50

今年の夏は、本当なら買ったばかりの新車で旅行に行くはずでした。
しかしながら、天下のトヨタといえどもコロナ禍の影響でしょうかそれとも人気が出て生産が追い付かないためでしょうか、新車の納車日が契約時に聞いていた予定よりも3週間近く遅れた9月20日になってしまいました。
そのため、「これが最後のドライブ」と決めた奥久慈ドライブの後にもう一度インプレッサのさよならドライブをすることになりました。

ともかく、旅行の予定も休暇の予定も当初の予定通り出発です。
朝早起きして、関越自動車道に乗り、渋川伊香保インターチェンジを目指します。今日の関越道は天気も悪いことやシルバーウィークの1週間前ということもあり、あまり渋滞しておりません。
(前面展望写真は全て助手席より撮影)
渋川伊香保インターチェンジで高速道路を降り、国道17号→353号→145号と乗り継いで、第一の目的地である八ッ場ダムへ向かいます。
ここは今年の春3月に完成したダムで、1967年にダム建設の位置を決定してから半世紀以上かかって完成したました、激しい反対運動もあった事や政治の紆余曲折を経てようやく完成に漕ぎ着けたものです。
昨年秋の試験期間中に、まだ完成していないにも関わらず大量の洪水を貯め、利根川を洪水の危機から救ったとして有名になりました。
複雑な歴史を積み重ねてきた八ッ場ダムですが、今日も雨天という事もありダムは放流中で、多くの観光客で賑わっていました。

八ッ場ダムを見た後、さらに上流に車を向けて草津温泉へと向かいます。
毎分3万2300L以上の自然湧出量を誇る、日本でも有数の温泉地の草津温泉です。まずは草津温泉のシンボルである湯畑を見学。雨にも関わらず、多くの観光客で賑わっていました。
その後、5分ほど車を走らせて、より上流にある西の河原露天風呂に行きました。ここは総面積男女合わせて500m2を誇る日本有数の大露天風呂があります。駐車場から徒歩で10分ほどかかりますが、大きな風呂に浸かり、ここまでの運転の疲れを癒します。
時間は午後2時、草津温泉で軽いお昼ご飯と思いましたが、目当てにしていた店は本日閉店との事。妻が「そばがき(そば粉で作った団子状のもの)を食べたい」とのことで、観光案内所で探してもらいましたが、扱っているお店はありません。がっつり食事というほど腹も減っていませんので、スーパーでバナナを買って昼食の代わりにしました。あまり地元にお金を落としていないです。

ここから万座温泉・渋峠を抜けて志賀高原に向かいますが、あいにく今日は国道292号の草津白根山の火口周辺(殺生河原〜万座三叉路)が視界不良で通行止めという事ですので、一旦嬬恋村まで降りて万座ハイウェーで迂回します。万座ハイウェーは通行料金が1070円かかる有料道路ですが、山道ではあるものの急な勾配もなく快適に走行できます。
渋峠までの道路は、今日は天気が悪くて視界も効かず、標識も足りていないようで、走っていて不安になります(万座ハイウェーを降りてから何回か道を間違えた)。
そして万座ハイウェーを降りて30分ほど雲の中の山道を走って到達した本日のクライマックス。渋峠の国道最高地点。
標高 2172mの高地ですが、あいにくのガス天気で、何も見えません。国道最高地点の石碑を背景に、インプレッサのラストランに相応しい写真を1枚パチリ。
そのまますぐ近くの渋峠ホテルに向かいます。ここで日本国道最高地点到達証明を購入。到着したのが午後3時半過ぎで売店は閉まっておりましたが、ホテルのフロントに声をかけて証明書を売っていただきました。
長野県側に入ると、天気が回復してきて、ホテルに着く頃には虹がかかっておりました。
これで今日の運転は終わり。総運転距離は270km。視界が効かないガスの中の運転は気を使いました。
今日は志賀高原発哺(はっぽ)温泉のホテルに泊まりました。5階建のホテルに対して宿泊役は自分たちも含めて3組のみとほぼ貸切状態です。宿はwi-fiが入らずインターネットは携帯でしか見れないことからやる事があまりなく、2度3度とホテルの大浴場に浸かりました。

さよならインプレッサ・ファイナル(長野・山梨編)2-横手山とビーナスライン2020年09月14日 17:10

旅行2日目。朝起きて窓の外を見ると、天気が回復しており晴れています。
朝ごはんを食べながら今日の予定を検討しているうちに、昨日天気が悪かった渋峠と横手山に再チャレンジしよう、という事になりました。

再び車を群馬県境方面に30分ほど走らせて渋峠到着。山頂の方はやはりガスが出ておりましたが、昨日よりは雲が薄く、一瞬だけチラリと峠下の様子が拝めました。森林限界を超えているようで、森はあまりなく淡緑色の草原が広がっておりました。
そのあと車を横手山に走らせます。横手山ドライブインのあたりでは雲が晴れて天気が回復しておりました。駐車場に車を止めて、山々と今まで走ってきた滋賀草津道路が見渡せます。
横手山ドライブインからは、スカイレーターと呼ばれるエスカレーターとリフトとを乗り継いで、標高2307mの横手山山頂に行きます。軽装のまま思いつきでできる「登山」ですが、吹きっさらしで風が強く寒いので、ウインドブレーカーは持参した方がいいかもしれません。
乗り物を乗り継いで15分、頂上で歩いて5分で渋峠周辺の最高峰の横手山山頂到着。しかし山頂はガスで何も見えません。
「下山」して車に戻り、志賀草津道路を降っているうちに天候が崩れ雨になってきました。いいタイミングで渋峠と横手山に再訪できました。

志賀高原の麓の湯田中の町をバイパスで抜け、信州中野インターチェンジから高速道路に乗り、長野を通過して上田を目指します。
上田でちょうど昼食時でしたので、給油をすると共に、市内の蕎麦屋「草笛」に立ち寄ります。
注文したくるみ蘇婆は、くるみタレが甘く、蕎麦も麺のコシが強く大変美味しくいただきました。

天気も回復してきたので、上田からビーナスライン(リンク)を目指します。
標高500m弱の上田から、一気に標高2000mの美ヶ原高原に上がります。ここまで登る県道は舗装はされているものの道幅も狭く、何より50以上のカーブを縫って標高差1000m以上を一気に駆け上がる道路です。

標高2000mの美ヶ原高原到着。ここは美術館になっており、屋外には彫刻やオブジェがいろいろと並んでおります。
しかし天気は悪くガス模様。時々ガスが晴れると目の前には雲海が広がっております。息を呑む絶景に思わず1枚パチリ。

美ヶ原高原から全長約76 kmの観光道路であるビーナスラインを白樺湖・蓼科方面に降っていきます。
沿道はやはりガスがかかっており、ガイドブックで見るような展望は楽しめず、霧の中をセンターラインを頼りに走る、ストレスのたまる運転が続きます。
それでも、ところどころ霧が晴れてきます。写真は霧ヶ峰高原のあたりで、周りを見渡すと、森林限界を超えた草原が広がっており、その中を一本道が伸びています。
美ヶ原高原から、霧ヶ峰高原・車山高原・白樺湖と2時間ほど、まだ来たことのない山岳ドライブを堪能します。テレビコマーシャルで有名だった白樺湖は、湖の真ん中に白樺が十数本生えている島が見えました。

途中、道の駅蓼科で小休止。ここの名物は「蓼科アイス」で、食べてみると濃厚で
美味しいアイスクリームでした。
ビーナスラインを終点まで走り、ここから20分ほど車を走らせ、御射鹿池に立ち寄ります。ここは奥蓼科温泉に行く途中にある農業用のため池ですが、池が水鏡になっており、静かな中木々が池に反射してたいへん幻想的な風景を織り成しています。
そんなこんなで長野県を横断するドライブが終了、遅くなりましたが、今晩は会社の保養所に入りました。