EF80のリメイク完成2013年09月23日 22:52

連休最終日の今日は、ふとんを上げた後もずっと昼寝していました。疲れがたまっていた模様です。

夕方に起床し、長らく進めてきたEF80のリメイクを取り出しました。今日完成させる予定です。
まずは最後に残っていたメーカーズプレートの貼り付け。キングスホビーのメーカーズプレート を車体色に塗って、表面に細かい紙ヤスリを掛けて文字部分を剥離します。金属光沢のある銀色・・・・ではなく真鍮色ですが、綺麗に文字部分を塗り分けられます。
あわせて、製品では印刷表現であった車体裾のメーカープレート部分を、極力削り代が大きくならないように平滑に削ります(本当は車体塗装前にやっておくべき行程です)
で、その後メーカープレートを貼り付け。車体からの張り出しもこころもち大きい気もしますが、許容範囲内で綺麗に納まりました。

かくして今年7月の着工から2ヶ月、EF80 63号機が完成しました。
手持ちの交直流形機関車4両を並べてみます。交流/直流どちらも走れるローズピンクの車体が美しいです/

常磐線で使用されることを前提とした、屋上機器が複雑に入り組んだ屋根廻りがめかめかしくて力強いです。

国鉄時代の内郷区を彷彿とさせる、ローズピンク同士の並び。EF81 301ともども、常磐線・水戸線の機関車列車をガンガン牽かせたくなります。

一方こちらは、碓氷峠鉄道文化むらで保存されている同士の並びです。
5年ぶりにおなじような工作をやって見ましたが、やはり腕は向上していないみたいです。要精進。。。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック