いすゞC系バス最後の咆哮2010年12月03日 22:40

南部バス いすゞK-CJM(八戸22か495)

今日は医者に行くため1日休を頂きました。
医者が終わってから、東北新幹線に飛び乗り、八戸へ向かいます。
お目当ては、形式の頭文字を取って「C系」と呼ばれる南部バスのいすゞ旧型バス、京浜急行で活躍していたK-CJM500系列です。幼稚園時代から思い入れの深い車両ですが、生産が終わってから25年経過全国でもおそらくここが最後の活躍場所です。

とはいうものの、現役で稼働している車両が数台しか残っていません。行ったはいいけど果たして今日稼働しているか・・・機体と不安で胸が高鳴ります。
で、八戸駅で降りたら、いきなりK-CJM様が出現。残存車の中でも最古参グループ(1982年2月製)の、「八戸22か495」です。。南部鉄道時代からの伝統ある五戸行きです。「引き」の強さに、我ながら背筋が寒くなりました。

懐かしくも力強いいすゞエンジンの咆哮、油引きの木の床から発する匂いに身をゆだねながら、陸羽街道沿いの五戸へ。
幼少期より幾度となく味わったいすゞ旧型車、多分これが最後になると思うのですが・・・・・・最後の最後で極上の「咆哮」を味わえました。大満足です。

コメント

_ ぬる・・・(ry ― 2010年12月05日 10:32

どんも、最近バスのエンジンやスペックがちょっとだけ気になるぬる・・・(ryでございますw
1:48あたりで明らかにパワーバンドを外してシフトダウンしていますが、3速まで直結、4速以降はODなんですかね?
直噴6発、220馬力のエンジン、木製の床から通した音はまた格別でありますな。

_ クロポ415@泥酔状態 ― 2010年12月06日 00:34

ぬる・・・(ryさんコメントありがとうございます。

バス大好きな自分ですが、どうもギアの「直結(加速・登坂重視)」と「OD(高速・燃費重視)」の違いは正直よく分かりません。
昔のバスは今のバスと異なり、同じ直列6気筒でも排気量が大きい(今のバスはだいたい7.5L前後+ターボ併用だが、昔は10LくらいのNAだった)です。それに伴って音や振動も重厚感あるものになっています。

_ ぼん ― 2010年12月27日 22:29

はじめまして。
いきなりのコメント失礼致します。

私は京都在住で路線バス大好き&路線バス運転手をしている31歳の男です。

実は南部バスの・495号車の写真をヤフーで検索してあなたのブログを拝見しました。

よくぞ495号車の最近の写真を掲載して頂きました。

本当にありがとうございます。

南部バスさんによれば、現在在籍のCJMは4台ですが、車検は全て8月まであります。

予定では4月頃に代替車両(中古車)が入り次第、廃車するそうです。

ただし、1台は沖縄730車や高知県交通のように南部バスで保存する予定だそうです。

_ クロポ415@泥酔鉄道 ― 2010年12月29日 23:27

ぼんさん初めまして。コメントありがとうございます。

>予定では4月頃に代替車両が入り次第廃車
確かに、状態はものすごく悪かったですから、仕方がないのかもしれません。
どうしても北国では凍結防止剤を散布しますので。。。

_ 乗り物は音が大事 ― 2011年01月29日 22:22

クロポ415さま

初めまして、You Tubeから「いすゞ CJM」で検索して拝見しました。
もう、鳥肌ものです。私はクロポ415さまより1年年式が古いものです。
いすゞBU、CJM、LV214、LV224と大型路線バスの直6エンジン音が特に好きです。
DH系のコンプレッサー音、CJMの6QA2の唸り、LV214は大人しく、LV224の方がCJMっぽいかな?こちらではLV214も引退して、LV224のみです。
最近の中型ターボはダメです萌えません。
2速から3速に入れて、レッドゾーンまで引っ張る2250回転まで痺れます。
BUの時の川崎ボディの屋根のエッジ部分、ヘッドライトベゼルなどをよく覚えています。
筋金入りのいすゞファンですので、是非とも八戸まで行きたいものです。

地元北海道では平成8年に消滅したCJM/CJAですが、
八戸ではまだ頑張っているのですね。
絶滅危惧種のCJMの動画と音を聴くことができて嬉しいです。

最近はバスのみならず、鉄道、自動車、航空機など個性がなくて、趣味にもならなく
なってきていますが、昭和50年から昭和60年頃のものは一番お金がかかっているし、
味があっていいですね。キハ182のDML30系エンジン、201系チョッパ制御、
もう二度と出てこない3発旅客機マクダネルダグラスDC-10。

何時死んでも、絶対に忘れられない!
彼らの存在は後世に伝えていきたいものです。

_ クロポ415@泥酔状態 ― 2011年01月30日 20:49

乗り物は音が大事さんコメントありがとうございます

いやいや今の大型バスも結構野太く頼もしい音奏でますよ♪
特に気に入っているのは現行のいすゞ・日野のLV(KV)234グループ。
エンジンは中型車用の7リットル級で、吹け上がりも中型車なみの軽さなのに、
音だけは昔ながらの大型車並の音質なんです。

_ pirica ― 2012年03月05日 15:59

私はISUZUの大型用直6の音が好きです。今の中型用直6の音は好きになれません。せっかく大型路線車に乗ったのに、中型の音がしてるのは興ざめです。

_ クロポ415@泥酔鉄道 ― 2012年03月10日 08:22

piricaさんコメントありがとうございます

記事アップから1年半経ち、南部バスのいすゞCJMも引退が進んだ模様ですね。なんでも1〜2台稼働車が予備で残っている程度と聞きます。

私も、いまのいすゞの中型用直6エンジン(H系エンジン)を積んだ大型バスが出た時は、同じような違和感を感じました。
でもでも、実際乗ってみると吹け上がりの軽さは中型ですが、エンジン音の「重さ」は大型と遜色なくて、今ではこれはこれで結構いいと思います。

_ E52 ― 2014年12月16日 17:49

はじめまして。YouTubeより飛んできました。
いすゞK-CJM系が搭載する6QA2エンジンの3速レッドゾーンの唸りに興奮するとともに、あまりにも懐かしい音に涙が出てきました。
この頃のバスのエンジン音はどのメーカーもいい音を奏でていましたよね。
ここまで高音質のエンジン音を聴けるとは思っていなかったのでコメントさせていただきました。
自分のYouTubeアカウントでもK-CJA520の3速レッドゾーンのエンジン音をアップしております。音質は悪いですが、今となっては貴重な音なのでそのままアップしております。

_ クロ ― 2014年12月21日 22:24

E52さんコメントありがとうございます。

いすゞC系のエンジン音っていいですよね。
この動画は、国道4号の五戸町役場に着く手前の長い上り坂で撮ったものですが、登坂車線を文字通りエンジン全開にして挑む様子をしっかりと納められ、自分でも大満足の動画でです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
ひらがなで以下の8文字を入力してください
でいすいてつどう

コメント:

トラックバック