鹿島鉄道・筑波鉄道キハの工作-05 手すりや雨樋の取り付け2016年12月29日 20:19

今日から6連休。嬉しくて3時半に起きて工作開始。このペースで行けば年明け早々の新年会に持ち込めそうです。
夜明け前から、1時間半近く筑波鉄道キハ811の前面手すりの復元で苦闘していました。
工法は完成品と同じような凸表現を目指して、幌枠を削った跡にPlastructの0.3ミリ線を接着して要らないところを切り落としていきます。
やはり接着剤がはみ出してしまい、乾燥させたら再度削り出しとIPA漬けで表面を整える必要があります

鹿島鉄道キハ715にも手すり・ステップ・雨樋追加。
接着剤のはみ出しが酷く、ちょっと厭になってきました。

前から見るとこんな感じ。ヘッドライトはシールドビームに交換されていた事を思い出して一旦穴埋め。
このまま午前中いっぱい接着剤を乾燥させます。午後は改めて削り出し、と思ったのですが、具合が悪くなり工作は途中で終了。。。
休み期間中に工作できる日と残り工程を考えると、正直新年会の持ち込みは厳しくなってきました。

コメント

_ マイアミ ― 2016年12月30日 00:07

6連休なんて恵まれていますね~。
そもそもオペレーションが違うので当然かもですが・・・。

ウチは当日まで連休がありません。
仕掛りアイテムもありませんがw

_ クロ@泥酔鉄道 ― 2016年12月31日 00:28

マイアミ様コメントありがとうございます。

仕事のピークは職種により様々ですが、お身体壊さぬようご自愛ください。
自分の場合、確かに今年の年末年始は6連休ですが、休み中も何かあると会社から電話がかかってくることがあり、時々休み中でも心配になります。

世の中なかなか上手くできていないものです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック